FC2ブログ
2012/05/04

6.低炭素・循環型社会の構築

3) 地球温暖化における深刻な課題

地球温暖化における最も深刻な問題点、あるいは課題は、地球が形成している環境は、巨大であり安定したシステムですが、このシステムに対して人間の活動に基づく負荷がどの程度まで許されるのか不明なところにあります。
スーパーコンピュータを装備した日本の地球シミレーターにより今後のCO2ガスの増加率による地球温暖化の将来予測が行われているが、この方法論をもってしてもこの地球環境システムがどの程度の負荷量まで耐えうるかという限界量を予測することができないのです。地球環境保護における最大の問題は、どのくらい環境負荷許容量をオーバーすれば、この安定な環境システムが破壊、すなわち再びもとに戻らないイレバーシブル(不可逆性)に陥るいるのかという環境負荷量の限界がわからないことなのです。その限界許容量は、明日にも超えるかもしれないのです。生命を育んだ地球は、宇宙の中でも稀なほどマイルドで、かつ安定な環境を提供してきました。
このように生命を育むほど安定な環境システムは、限界まで環境を保全しようとする力が働くものの、その許容限度を一度でも超えると、急激なシステム破壊が連鎖的起こり、もはや元に戻らないという危険性を孕んでいるのです。
スポンサーサイト



小泉構造改革の総括と日本の進むべき道 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |